今すぐ申し込む

スタートアップのCEO、Jacobがコーディングブートキャンプを卒業し、ブートキャンプのクラスメイトを採用に至るまでのストーリー

この連載では、Le Wagon Tokyoの卒業生を定期的に採用しているスタートアップ、ウェブエージェンシー、大手ハイテク企業など、Le Wagonの採用パートナーをご紹介します。各社のサービスや職場環境、そして何よりも、Le Wagon Tokyoの卒業生の魅力をご紹介します。

スタートアップのCEO、Jacobがコーディングブートキャンプを卒業し、ブートキャンプのクラスメイトを採用に至るまでのストーリー
注目の卒業生 Jacob Iyamu CEO Lunaris Jacobの経歴
記事をシェア
今回は、LunarisのCEOであるJacobさんにお話を伺いました。Jacobさんは、ご自身でもパートタイムのブートキャンプを受講され、同じクラスを受講していた二人をウェブ開発者として自ら採用されました。

Jacobさん、本日お時間をいただきありがとうございます。あなたの起業家としてのキャリアについてお聞かせください。

すべての始まりは、ドイツにいた15歳のときでした。ビデオゲームの収集に夢中になっていましたが、高品質な日本のゲームを輸出してくれるところはありませんでした。そのため、日本に旅行に行き、スーツケースに物を詰め込んで、それを帰国後に売ったりしていました。1回の渡航で大体4〜10万ユーロの収入がありました。数年後、私の副業は大きく成長し、私は日本に拠点を移し、日本で自分の会社を立ち上げることにしました。

それから10年後、私はEコマース事業のSolarisと、Shopifyのエコシステムに対応したアプリを中心としたウェブ開発会社のLunarisを経営しており、20人近くの従業員を抱えています。

素晴らしいですね。なぜコーディングブートキャンプを受けようと思ったのですか?

Solarisのウェブ開発チームに初めて採用さした際、私はすぐに技術的なプロセスに関する自分の知識にギャップがあることに気づきました。機能を実装するために必要な努力とタイムラインを理解する必要性に駆られて、私はウェブ開発を学び始めました。最後に欠けていたのは、自分でウェブアプリケーションを構築する方法を学ぶことでしたが、それがLe Wagonとの出会いでした。

2つの会社を経営しながら、どのようにコードを学んだのですか?

確かに難しかったですね。日々の会社運営に携わりながら、コーディングブートキャンプに参加する時間を作るのは大変でしたが、なんとかやり遂げることができました。勉強にもっと時間とエネルギーを割いていればよかったと思います。特に、ソフトウェアの仕組みを理解することは、開発者と同じレベルでコミュニケーションをとるためにとても役立ちます。

デモデイ

コードの書き方を学ぶことは、誰にとっても必要不可欠です。それに加えて、コードを学ぶことで、今までとは違った方法で問題に取り組むことができるようになるため、非常に優れたスキルだと言えます。その色を知るまでは気づかないかもしれませんが、その色を知ることで、世界の見え方が大きく変わってくるのです。

Lunarisの社風はどのようなものでしょうか?
吉祥寺にあるLunarisオフィス
実力主義ですね。私たちは非常にリラックスした環境を持っていますが、同時に一定の目標を達成することを要求します。目標に向かって頑張りたい人には向いていると思いますが、給料と楽な日常生活だけを望む人には難しいと思います。

採用プロセスを完成するまでには時間がかかりました。面接では、チームに適した個性を第一に求めています。応募者は、適切な態度、考え方、新しいことを学ぶ可能性を持っている必要があります。

私自身は学位を持っていません。さまざまな経歴や学歴の組み合わせがありますが、一緒に仕事をする上で、履歴書の箇条書きはどれも重要ではありませんでした。

ブートキャンプのクラスメイトの2人採用したのはなぜですか?

ブートキャンプに参加したときは、誰かを雇うつもりはありませんでしたが、まさにその通りになりました。私のバッチメイトはみんな素晴らしかったです。Tieuの真面目さと能力の高さはすぐに気に入りましたし、Davidの熱心さは桁外れでした。ブートキャンプが終わりに近づいた頃、私は彼らにLunarisのフルタイムのポジションを提供しました。

Le Wagonの卒業生の魅力は何ですか?

Le Wagonから初めて採用したのは3年前でしたが、彼をチームに迎え入れて本当に良かったと思っています。Coleは3年間で、他の開発者が5年から10年かけて学ぶのと同じくらいのことを学びました。

プログラミングは厳しい分野であり、ブートキャンプの要求に応えるために1週間のスケジュールを調整するような小さなことでも、飛躍しようとする姿勢は、すでにその人の能力を証明しています。さらなる向上を目指す企業は、ぜひともそのようなマインドを持ちたいものです。

ありがとうございます、嬉しいです。今後のLunarisの活動について教えてください。

成長を止めることなく、常に高みを目指しています。会社の経営者としては、ただのタッグを組む人はいらない。従業員が次のステージに進み、より多くの責任を負えるようにサポートしていきます。どこまでやれるか、楽しみですね。 
Le Wagonが主催する9週間のブートキャンプについて詳しく知る
Go further illustration

ナンバー1に選ばれたコーディングブートキャンプに興味がありますか?

世界44都市で開催しています。

Laptop illustration