都市を選択

あなたの質問に答えます

ここに来たということはLe Wagonについて質問があるのでしょう。応募要件や応募方法、学習内容について。<p> その質問に対する答えを用意しています :)

応募について

ブートキャンプにはどのように応募すればいいですか?

申し込みフォームの項目をすべて入力し、提出することでブートキャンプに応募できます。これは数分で完了する簡単なものです。応募後、あなたのブートキャンプでの目標についてよりよく理解するため、面談の日時を設定します(スカイプか対面形式で)。面談からまもなく、ブートキャンプの受講生として認められたかを通知いたします。

ポイント:応募したらすぐに、CodeCademyのRubyコースの学習に取り掛かることをおすすめします。これは、ブートキャンプに参加するための必須条件です。

オンラインの申し込みでは何を評価していますか?

オンラインの申し込みで私たちが見ているのはただ1つ、モチベーションがあるかどうかです。私たちが主催する9週間のブートキャンプは内容が濃く、コードを身につけるには努力が必要です。ブートキャンプにはモチベーションの高い人に参加してほしいと考えています。申し込みフォームでは、Le Wagonに参加したい理由についてきちんと記入していることをご確認ください。内容が詳細であるほど、面談を設定する候補者として選ばれる可能性が高まります!

面談に向けて何か準備をしておくべきですか?

候補者として選ばれたら、あなたのことをよりよく知るために30分の面談を設定します。面談では自然体で来てください!先ほども書いた通り、私たちはモチベーションの高い人を探していますが、チームで協力できる人であるかも知りたいと考えています。ブートキャンプ中は他の受講生と協力して作業を進めることが多く、協力的であるかはとても重要な要素だと考えています。モチベーションが高く、人と協力することが好きな方なら、まったく問題はないでしょう。

ブートキャンプが始まるまでに勉強しておくことはありますか?

ブートキャンプの参加に関して一つだけ技術的な条件があります。CodecademyのRubyコースを完了することです。これは通常9時間から15時間かかる課題で、必ず完了してください。ブートキャンプの受講者に選ばれたら、ブートキャンプが始まるまでに、私たちのオンライン学習プラットフォームにある事前学習コースを進めてください。ブートキャンプで全員が同じレベルからコードをスムーズに学習し始めるために必要なことです。

ブートキャンプが満員の場合は、ウェイティングリストに加えてもらえますか?

選考後に参加をキャンセルする人は稀ですが、もしそのようなことがあった時のために、いつもウェイティングリストを公開しています。リストに登録するには、通常のブートキャンプの申し込みプロセスを完了させてください。

ブートキャンプの開催都市はどのように選べばいいですか?

Le Wagonは、どの開催地でも同じゴールを満たす内容となっています。カリキュラムや教材(授業や課題の内容)はすべて同じです。講師も講師アシスタントも、世界中で同じように採用し、社内訓練を受けています。

開催地を選ぶ上でのアドバイス:

  • 環境: 何かを作りたいと思っている開催地でのブートキャンプに参加するのが理想的です。その都市のテクノロジーコミュニティーに参加したい、あるいはスタートアップアップをローンチしたい、仕事を見つけたい、など。
  • 生活環境: 生活コストは賄えるか?気候は気に入るか?など
  • 言語: ブートキャンプの開催言語も確認しましょう(各都市のブートキャンプの多くは英語で授業を行なっていますが、いくつか例外もあります(ブラジルでは授業をポルトガル語、フランスではフランス語で行っています)。
次のブートキャンプはいつ始まりますか?

お申し込みはブートキャンプの始まる4、5ヶ月前から公開しています。参加に興味のある都市のページに行くと、次のバッチの開催日程が記載されています。都市のページは、ナビゲーションバーの「都市」のドロップダウンから選択できます。何か疑問がありましたら、その都市のマネージャーにお気軽にご連絡ください。マネージャーがあなたの質問にお答えします。

海外からの学生のためにビザの取得をサポートしていますか?

あなたの状況とどの都市のブートキャンプに参加するかによりますが、観光ビザか就労ビザが必要になる可能性があります。詳細やサポートできるかについては各都市のマネージャーにご相談ください。

追加情報: 中国本土でのブートキャンプに参加する場合は業務ビザ(M)で招待できる場合があります。期間や入国回数は、国籍によって異なります。詳しくは私たちのメンバーにご相談ください。

授業料はいくらですか?

かかる費用は開催地と生活コストによって異なります。ナビゲーションバーのドロップダウンから、参加に興味のある開催地を選択してください。各都市のページの上部に、ブートキャンプの授業料を記載してます。

奨学金制度はありますか?

申し訳ございません。ブートキャンプに参加するための公式な奨学金制度はありません。

支払いプランはどのような形式ですか?支払い回数と支払い期限を教えてください。

ブートキャンプの授業料は3回でお支払いください。まず3分の1をデポジットとしてお支払いいただきます(ブートキャンプの開始前)。残りはブートキャンプ中にお支払いください。ご質問は、現地のマネージャーまでお問い合わせください。これについて詳しく説明いたします。

参加条件について

ブートキャンプの受講生は同じような経歴を持っている人が多いのですか?

私たちの受講生は、それぞれとても異なる経歴を持っています。受講生は18才から55才と幅広く、誰もが同じようにコードに対する好奇心と学ぶ気力を持っています。ここには学生、マーケター、エンジニア、営業、弁護士、ジャーナリスト、建築家、音楽家など、様々なバックグランドを持つ人たちが集まっています。Le Wagonで過ごす9週間では、人として良質な経験が積めるだけでなく、ブートキャンプ後の人生にも続く素敵なコミュニティーを構築することができます。

技術的な経験はないのですが、このプログラムに参加しても大丈夫でしょうか?

私たちのブートキャンプに参加するのに技術的なバックグラウンドは必要ありません。私たちが受講生に求めているものは3つです。学ぶモチーベーションを持っていること。好奇心があること。人と関わるのが好きなこと。これに該当する方は大歓迎です!

18才以下ですが、申し込めますか?

ブートキャンプに参加するには18才以上である必要があります。ただ、17才でもブートキャンプの開始前に18才になるならお申し込みいただけます。

40才以上ですが、申し込めますか?

過去には40才以上の方もブートキャンプに参加し、他の生徒と同様、ウェブ開発のスキルを習得しました。ブートキャンプの選考プロセスに年齢は関係ありません。私たちが知りたいのは、あなたのコミットメントとモチベーションです。

今のところ作りたいプロジェクトのアイデアはないのですが、参加するのに問題はありますか?

特定のプロジェクトのアイデアがなくても心配ありません。プロジェクトのアイデアがある受講生はブートキャンプ中にそのアイデアをピッチする機会があります。アイデアがない場合は他の受講生とチームを組むことも歓迎しています。ただ、ブートキャンプの最後の2週間で自分のプロジェクトの開発を進めるためだけにLe Wagonに参加することは考えない方がいいでしょう。プロジェクト制作期間の真の目的は、チームとして開発することを学び、プロダクトの制作を通じて、Railsのスキルを磨くことです。良いニュースは、いずれにしろブートキャンプが終わる頃にはどんなアイデアもコーディングできるようになっていることです。

ブートキャンプの講義はどの言語で行なっていますか?

多くの都市で開催するブートキャンプの講義は英語で行なっています。フランスの都市では、フランス語のプログラムを行います。午前中にフランス語で1時間半の講義を行い、夕方に行う1時間半のライブコードもフランス語です。なので、フランス語を正確に理解できない場合は、フランスで開催するブートキャンプに参加するのは難しいでしょう。参加したいキャンパスで使用する言語は、各都市のページから確認することができます。

ラップトップ・コンピュータは必要ですか?

どの生徒もラップトップを持参する必要があります。Mac OS XかLinuxである必要がありますが、Windowsでも問題はありません。最初の日にLinuxをインストールする方法を学びます。

⚠️ MicrosoftのSurfaceやAppleのiPadでは受講できません。それらは本当のコンピュータではないからです。何を買うべきかアドバイスがほしい場合は、スタッフまでご連絡ください。

学習内容について

9週間学んだ後に何が作れるようになっていますか?

9週間が終わる頃には、Ruby on Railsのジュニアディベロッパーレベルになっています。つまり、自分でウェブアプリケーションを制作し、アイデアをプロトタイプに変えることができるようになるということです。具体的には、サイトにユーザー認証(シンプルなサインイン/サインアップ、あるいはFacebook/WeChatログイン)、管理者用画面、支払い機能、自動メール配信などを実装できるということです。サービスをプロダクション環境に素早くデプロイすることができ、トップレベルのスタートアップが採用するプログラミングのベストプラクティスを学びます。卒業後はいくつか選択肢があります。起業家としての道を行くか、スタートアップ、あるいはより規模の大きいテクノロジー企業でジュニアディベロッパーとして働き始めるかです。

コーディングブートキャンプの開催時間は、フルタイムですか?

Le Wagonは9週間、月曜日から金曜日の午前9時から午後7時(最短)まで行います。このプログラムから最大限の学びを得るには、しっかりと学習に身を入れる必要があります。本当に多くのことを学ぶのです(9週間で450時間のコーディングをします!)。ブートキャンプ以外の活動を続ける人はたいていこのペースに着いていくのが難しくなります。

コンピュータサイエンスの学位とコーディングブートキャンプの主な違いはなんですか?

コンピュータサイエンスの学位とコーディングブートキャンプの主な違いは、ブートキャンプでは実践を通して学ぶことです。一般的な学位のカリキュラムでは、電子基板やハードウェアの理論的知識を学習するとこから始まり、現在のインターネットを構成している要素(ユーザーインターフェース、オペレーティングシステム)を学んでから初めて、ウェブ開発の手法を学びます。これは、こうした異なるレイヤーのすべてを活用したい場合に役立ちます。ただ、最近では最後の部分を学ぶだけで、あらゆるものが作れるようになります。自分のスタートアップをローンチしたり、ジュニアディベロッパーとして働き出したり、プロダクトマネージャーになったりすることができるのです。

Le Wagonと他のブートキャンプの主な違いはなんですか?

Le Wagonは起業家やクリエティブな人が自分のアイデアを形にするために必要なコーディングスキルを教えるために設立されました。Le Wagonは自分のプロダクト/ウェブアプリを作ってローンチするために必要なスキルをすべて教えることを目的としています。Le Wagonで学んだ後、起業家ではなく、開発者やプロダクトマネージャーとしてテクノロジー企業で働きたいと考えている場合も、ゼロからプロダクトを作れる力があるのはとても有益なことです。だからこそ、私たちはRubyとそのフレームワークであるRuby on Railsを教えています。どちらも理解しやすく、素早くプロダクトを作り、デプロイすることができるものです。私たちのCTOがこれについて記事を書いています

TDD(テスト駆動開発)を教えていますか?

ブートキャンプではTDDを教えています。毎日、学生たちはLe Wagonの教育課程チームが4年かけて準備し、改良した課題に取り組みます。この内容は red(失敗) / green(成功) / refactor (リファクタリング)の方法論に沿っています。毎晩行うライフコードのセッションでは、クラスはいちから課題を解くのにTDDを活用します。私たちはRuby開発者がよく使用するテスティングフレームワークであるRSpecを教えています

モバイルアプリ開発については学びますか?

モバイルアプリ開発で使うコンセプトのいくつかは学びます。ただし、正確に言うと、iOS、Android、Windows Phoneの開発は学びません。正直なところ、9週間でこれらのスキルを教えるのは難しいと考えています。私たちはいくつかの理由で、プログラミングとウェブ開発の基礎を教えることが大事だと考えています。まず、これらはソフトウェアエンジニアのコアとなるスキルだからです。将来的にモバイル開発に飛び込みたいと考えた時にも役立つでしょう。また、ウェブはあなたが理解しておくべきオープンプラットフォームです。レスポンシブウェブデザイン(学習プログラムにも組み込まれています)とWeChatミニプログラム(中国にて)のおかげで、モバイル端末でもきれいに表示するアプリを制作することができます。モバイルアプリでも使用するAPIの作成方法も学びます。このAPIは、モバイル開発者がiOSやAndroidアプリのインターフェースを開発し始める際の助けになります。

パートタイムのコースや夕方だけのクラスはありますか?

現時点で提供しているのはフルタイムのブートキャンプのみです。フルタイムのプログラムに通えるか不安な方は、私たちが主催するミートアップや夕方の無料ワークショップに参加してみることをおすすめします。また、私たちのYouTubeページ で、ウェブ開発の旅がどのようなものか知ることができます。

宿泊や食事の提供はありますか?

宿泊や食事の提供はありません。9週間コースの料金には受講料しか含まれていません(お茶とコーヒーは飲み放題です)。各開催都市のマネージャーはその街のことをよく知っています。おすすめの宿泊先などについてのアドバイスなどは喜んでいたします。

キャリアサポートは行なっていますか?

ブートキャンプの後、どの学生に対しても、適したキャリアを見つけるためのサポートを行なっています。最高のLinkedInのプロフィールを仕上げ、卒業生専用のSlackグループを最大限活用し、私たちのプログラム独自のメリットを享受する方法を伝えています。開発者やプロダクトマネージャーとして就職したり、スタートアップを立ち上げたり、フリーランサーとして働き出すために必要なリソースもすべて提供いたします。ただし、各学生がブートキャンプ後に職を見つけることに関しては、その学生のモチベーションと活動によるところが大きいと考えています。そういう意味でブートキャンプの終わった時に100%就職する保証するのは誠実ではないでしょう。

コーディングブートキャンプは、カリキュラムと講師の質を基準に選ぶべきだと考えています。ブートキャンプでどのようなスキルを身につけることができ、どのようなプロダクトを開発できるようになるか検討しておくことが重要です。それこそが、あなたを採用へと近づけることだからです。

Le Wagonにはテクノロジー業界との強いネットワークがあり、リクルーターから高い評価を得ていることを覚えていてください。私たちの生徒はこうしたメリットを享受しています。さらに、Le Wagonの卒業生は3000名を超えます。仕事を探す際、Le Wagonのネットワークが最初のサポートになります。私たちの卒業生は、世界中の優良なテクノロジー企業で働いていて、あなたを推薦することもできるでしょう。彼らは、仕事探しの際に生じるテクニカルな質問や一般的な質問について答えることもできます。

Le Wagonとの連携

弊社の求人情報をLe Wagonの卒業生と共有することは可能ですか?

多くの企業が求人情報を私たちの学生と共有しています。ただ、採用活動には長期的な関係の構築が大事だと考えているので、まずは一度お話を聞かせてください

弊社がLe Wagonの採用イベントに参加することはできますか?

私たちは定期的に採用パートナーと学生や卒業生が交流する採用イベントを開催しています。定期的なイベントから御社のカルチャーが伝わる活気あふれるワークショップまで、コーヒーを飲みながらあなたのニーズを満たす最適な形式について話ができればと思います。卒業生ネットワークにはここから参加できます。御社のことを少し教えてください。

法人向けのコースはありますか?

過去4年間、フルスタックブートキャンプを運営してきた経験を元に、企業向けにも最適なコースを用意しています。あなたの会社の従業員向けにウェブ開発、ウェブデザイン、プロダクトマネジメント、プロトタイピングの授業を用意することができます。御社のデジタルにおける目標を達成したり、補ったりするための学習プログラムをカスタマイズいたします。ニーズに合わせ、御社にとってぴったりのプログラムを作ることが可能です。詳しくはご連絡ください!

さらに一歩進んで、9週間でコードを学び始める?

世界 33 都市で開催しています。