学費援助制度について

奨学金など、あらゆる方々のための学費調達の選択肢を提供しています。

資金調達

学費援助制度の検討

様々な場所から学習することができます。
以下の中からお好きな場所をお選びください。

仕組み: CPFは、政府の制度です。毎年、あなたの口座に500ユーロ(被雇用者)または24時間のトレーニング(公務員)が振り込まれます(フルタイムの仕事をしたことがある場合)。この資金は、Le Wagonなどの対象トレーニングコースの資金として使用されます。CPFのクレジットは、このページに記載されている他のほとんどの融資オプションと組み合わせることができます。CPFを利用し、トレーニングの資金を調達するために、簡単なチュートリアルを用意しました。
対象者:すべての採用力、求職者、自営業者、パーソナルトレーニングの単位を取得している学生が対象です。

仕組み: 全額をまとめて支払うと、授業料が 5% 割引になります。 これは、貯蓄を利用して全体的な授業料を最小限に抑えたい場合に最適なオプションです。
対象者: フランスの Le Wagon に応募するすべての人。 フランスでは、授業料は税控除の対象です。

仕組み: 座席を予約するには、デポジットのみを支払う必要があります。 ブートキャンプが開始されると、パートナーの Alma に残りの金額の支払いが開始され、4、10、または 12 か月の分割払いになります。
資格: フランス、ベルギー、スペイン、ドイツ、ポルトガル、イタリア、オランダ、ルクセンブルグ、アイルランド、オーストリアの合法的な居住者。

仕組み: Le WagonがBNPパリバと交渉したローンをご利用ください。最長9年の返済期間を設定し、借入から1年後に返済を開始します(最長5年まで返済を猶予することができます)。優遇金利(固定金利0.98%)をご利用いただけます。
対象:Le Wagonの養成コースに入学された方。年齢制限なし。保証金・保証人不要。トレーニング開始の10営業日前までにお申し込みください。

仕組み: Le Wagonでの研修を通じて、キャリアを変える方法はたくさんあります。その中で、職業転換プロジェクトを提出し、トランジション・プロ(旧フォンゲーシフ)の支援を受けることが可能です。研修休暇中は給与が支給されます。また、余剰人員となった場合は、Contrat de Sécurisation Professionnel(職業安定所)を利用し、研修費用を100%融資することも可能です。
応募資格: 従業員で転職を希望している方、または退職、解雇、余剰人員削減の手続きを行っている方。

仕組み: ウェブ開発、データ分析、人工知能の分野で、Le Wagonが行う研修に対して、あなたの状況や職業上のプロジェクトに応じて、フランスの多くの地方が最大100%の資金を提供します。また、場合によっては報酬が支給されることもあります。研修終了時には、レベル6のRNCPタイトル(bac +3からbac +4)を取得でき、就職のお手伝いもいたします。
資格: フランスの多くの地域(イル・ド・フランス、ロワール・アトランティック、オー・ド・フランス、PACA、ヌーヴェル・アキテーヌ、ローヌ・アルプ)にお住まいの求職者。

仕組み: ポーレ・エンプロイは、ウェブ開発、データ分析、人工知能の分野で、あなたの状況や職業上のプロジェクトに応じて、Le Wagonの研修に最大100%資金を提供します。また、場合によっては、奨学金を受け取ることもできます。研修終了時には、レベル6のRNCPタイトル(bac +3からbac +4)を取得でき、就職のお手伝いもいたします。
資格: フランス国内の求職者。

仕組み:CFP( Contribution à la formation professionnelle)を支払った自営業者は、訓練保険基金(FAF)を通じて、訓練に必要な資金を得ることができます。
対象者 :自由業、医療職、貿易業、自営業者、芸術家、作家、職人など。

お客様の状況に適した資金調達方法があるはずです。以下のような具体的な制度については、お問い合わせください。
・公務員のための職業訓練休暇(PTC)
・障がい者のためのAgefiph
・労働リスク要因にさらされる従業員のための職業的予防措置(Professional Prevention Account)。
・FNE、Transco... 一部の活動を行う企業、またはその部門の経済的変化を予測する必要がある企業の従業員のためのものです。
・その他、多数のソリューション

個人的なアドバイスを受ける

Le Wagonのブートキャンプに参加する上で、資金上の理由で参加を断念することがあってはならないと考えています。私たちは常に、学費の調達を容易にするあらゆる制度に精通しており、いつでもご相談に乗ることができます。

よくある質問を読む
資金調達