学費援助制度について

奨学金など、あらゆる方々のための学費調達の選択肢を提供しています。

資金調達

学費援助制度の検討

様々な場所から学習することができます。
以下の中からお好きな場所をお選びください。

How it works:
Are you an employee in a levy paying company in Mauritius?
If yes, then your employer can qualify for up to 95% of HRDC refund !

The HRDC is responsible for the management of the National Training Fund (NTF). Under the NTF, various training incentives are offered to employers in order to allow them to meet part of the training cost of their employees and to support other training initiatives both at enterprise and national levels. Employers can recover up to 95% of course fees depending on their annual levy paid.

Eligibility:
(i) Contribution of the Training Levy 
(ii) Sponsored employee following the course should be on the payroll of the employer and paying the training levy

Once admitted at Le Wagon, you can upload your application for refund on HRDC online portal, minimum 10 days before course start.

使い方:
雇用スキームのための大学院研修 (GTES) は、参加企業のニーズに合わせた研修プログラムを通じて適切なスキルを身に付けることにより、失業中の卒業生/卒業証書保持者の雇用可能性を向上させることを目的とした政府の措置です。GTES は人材開発評議会 (HRDC) によって実施されています。
資格:
失業中の卒業生/大学卒業証書保持者は、GTES プラットフォームに登録して、トレーニングと配置プログラムの恩恵を受けることができます。
雇用主が提案書を HRDC に提出すると、適格な卒業生に連絡があります。候補者の事前選択と選択は、雇用主の要件に基づいて行われます。

使い方:
あなたはモーリシャスの課税業者の従業員ですか?
はいの場合、あなたの雇用主は HRDC の払い戻しの最大 95% を得る資格があります。HRDC が、National Training Fund (NTF) の管理を担当しています。 NTF の下では、雇用主が従業員のトレーニング費用の一部を負担するさまざまなインセンティブを雇用主に与えています。 雇用主は、支払った税金に応じて、コース料金の最大 95% を回収できます。
資格:
(i) 研修税の拠出
(ii) コースを修了した従業員は、雇用主の給与に含まれ、トレーニング税を支払う必要があります。Le Wagon に入学したら、コース開始の 10 日前までに HRDC オンライン ポータルに申請書をアップロードして払い戻しを受けることができます。

使い方:
全額をまとめて支払うと、授業料の割引を受けられます。 これは、貯蓄を利用して全体的な授業料を最小限に抑えたい場合に最適なオプションです。
資格: モーリシャスの Le Wagon に申し込む人は、登録時に授業料を全額支払うだけで、割引を受けることができます。

使い方:
入学金(授業料に含まれています)のみを前払いする必要があります。 ブートキャンプが開始されると、ブートキャンプに対応する残りの金額の支払いが開始されます。
資格:
あなたはモーリシャス市民でなければなりません。

仕組み: Le Wagon が交渉したローンを利用します。
対象:Le Wagon養成コースに合格した方。 年齢制限なし。 敷金・保証人は不要です。 トレーニング開始の 10 営業日前までにお申し込みください。

個人的なアドバイスを受ける

Le Wagonのブートキャンプに参加する上で、資金上の理由で参加を断念することがあってはならないと考えています。私たちは常に、学費の調達を容易にするあらゆる制度に精通しており、いつでもご相談に乗ることができます。

よくある質問を読む
資金調達